インフレタブル・ラートを導入してみた。

ラートをインフレタブル系にて位置配置を合わせて作りました。

大人用と子供用にて製作。

インフレタブル・ラートに関しては、エアーローラーをカスタマイズして作成しております。

鉄製とは異なり、小さく畳めて片付ける事が可能です。

道場の広さでは、側方回転の練習しか出来ないのでやってみる。

因みに側方回転は簡単そうにやってますが、ちょびっと難しい。

意外と体幹バランスに筋力も必要です。

意外とトレーニングにもなります。

普通に遊びツールになりかねませんが、まあ、それも良しと言う事で・・・。

重ねると簡易ジャングルジムの出来上がり。

何しても、運動や身体を動かす事は楽しくないと意味がない。

その楽しい中で、能力を上げていく事が理想的。

通常では出来ないような、運動を特別なツールを使って色々体験する事が面白い。

レスリング競技はもちろん、身体能力は抜群に上がりますが、運動系は色々沢山あります。

色々なスポーツをやってこそ、スポーツの楽しさが分かります。

子供の時期はまずは身体を色々動かす楽しみを覚える事が重要。

その上、レスリングの厳しい練習も頑張れるのが理想的。

レスリングは厳しいイメージですが、ただアスリートを目指すなら、どのスポーツをしても厳しい世界なのです。

楽なスポーツなんて存在しません。

成功する人は何かしら「努力」をしています。

その厳しい世界の中で、まずは楽しいと言う実感を味わえるかです。

スポーツで楽しいと言うのは、個人差で色々あるでしょうが、「勝つ楽しさ」「達成した楽しさ」「覚える楽しさ」「仲間との共有との楽しさ」などその他、沢山あります。

が、逆も然り、「負ける悔しさ」「達成できないもどかしさ」「覚えれない悔しさ」「仲間との共有できない寂しさ」などそのまま裏返しであります。

当然、何でもかんでも上手くいくことなんてザラにないので、一般的にはスポーツは「負」の部分が比率が高くなる事が多いです。

ただ、そういった経験があるからこそ、「成功」した時の高揚度が高いのです。

何でもかんでも成功している人物には、高揚度は低いですが、失敗を多くしている人ほど、この満足度は高くなります。

こういった高揚度に関しても効用関数を用いる経済学的にちょい面白い。

本来は効用関数で出すものではないですが。

話は逸れましたが、子供の時は、色々やってみましょうって事ですね。

ゴールデンエイジの時期のしっかり能力を上げれる時に上げて、しっかり基礎基盤を作っていきましょう。

3月お休みしていた体操教室と体操スポーツ教室も今月12日から再開致します。

レスリング教室共に無料体験受付中です。

レスリング教室のように競技レベルまではぁ〜って方は、体操教室・体操スポーツ教室で楽しく身体を動かして能力を上げていきましょう。

競技レベルでいきたい方は、レスリング教室へどうぞ。

エントリーは専用のエントリーフォームからお願い致します。