バク転の練習(サブシディエアートランポリン・エアーロール)久留米市 習い事

バク転ができるようになる子は、益々増えて行きますが、バク転に関しても綺麗に跳べるようにならなければなりません。

その為には補助をしながら補正していくわけですが、サブシディエアートランポリンを使用しながら覚えていきます。

背面跳びをループ運動に入れる事により、繰り返し練習ができます。

背丈によって足場の高さを変えると、小さな子でもできます。

横幅が3mあるので3人同時に跳ぶ事も可能です。

最初は補助していきますが、大半の子は一人で背面跳びは出来る様になっていきます。

加えて、エアーロールを使用してのバク転補助を加えいきます。

こういった反復練習を繰り返しながら、バク転を練習していきます。

跳び箱も転回で跳べる子も増えて来ましたので、益々ループ運動の構成も変えていこうと思います。

サブシディエアートランポリンを採用されたい教室の方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

無料体験レッスンのエントリーをされる方は、専用フォームからエントリーをお願い致します。