開講して1ヶ月が経過しました。

お陰様で、近藤レスリング道場も早くも1ヶ月経過しました。

 

 

まあ、長い年月を考えればたったの1ヶ月ですが、重要な一ヶ月でした。

 

IMG_4246_R

 

レッスンの構成は、毎日吟味しながら、やっていっております。

 

 

早くレスリングのスタイルには持っていきたいのですが、やはり「基礎運動能力」の向上を踏まえてと言うのが理想的です。

 

 

1ヶ月を経て、じわりじわり慣れてきているとは思いますが、何分、「レスリング」と言うスポーツは、奥が深い・・・・。

 

 

 

技の多さに動きの対応の多さに関してもずば抜けています。

 

 

 

一つの「技」、「動き」に対しても、人それぞれ違うし、対戦相手によっても異なりますし、ようは「臨機応変」に対応する為に「引き出し」を多く備えなければなりません。

 

 

 

それ分、1日1日のレッスンが大変重要となります。

 

 

 

教える側の理想としては、1日に

「昨日まで出来なかった事が、今日できるようになった!」

 

を目標にしています。

 

 

 

これに関しては大おき小さいは関係ありません。

 

 

もちろん、大きい方が、目を見張るもので良いでしょうが、小さい事の積み重ねも重要なのです。

 

 

小さな積み重ねがあるこそ、大きな変化が見えてくるものなのです。

 

 

 

 

生徒さんは、お金を払って「成長」を望んでいます。

 

 

こちらはプロとして、自覚をもち、期待に応える必要があります。

 

 

 

勝ち負けのある世界なので、厳しい世界ではありますが、折角なら「勝つ喜び」を一番に知ってほしい所です。

 

 

 

ただ、まずは目の前の「成長の喜び」からまずは体験してもらいたいです。

 

 

 

実際は、勝負の世界ですから、もちろん対戦相手も負けようと思って向かって来る事はないと思います。

 

 

 

やはり、どれだけ一生懸命頑張って来たか?どれだけ相手より頑張れたか?が出てきます。

 

 

 

まずは、試合という経験からでしょうけど、あの緊張感の中、どれだけできるか?という事です。

 

 

 

子供にしたら、試合の場に立つだけでも大変勇気がいる事です。

 

 

それに合わせて「相手が向かって来る」のですから、怖いですね・・・・。

 

 

 

まあ、これぞ「スポーツ」ですけどね・・・・。

 

 

 

少しでも、「レスリング」の面白さを実感して頂ければ幸いです。

 

 

 

 

P.S.

入り口前に大きいコルクボードを貼りましたので、何か広告を告知したい方は「A4」以内の用紙に印刷して持ってきてもらえれば、貼らせて頂きます。

IMG_4247_R

もちろん、無料でOKですが、スペースに限りがありますので、ご了承下さい。

コメントを残す