新しい器具の設置をしてみました。

運動器具に関しては、色々ある方が楽しめると思います。

 

今回は、また2つ導入。

1個目は手作りになりますが、

 

「数字タッチボード」

ですね。

image image

要は、「1」から「30」の数字を順番ずつタッチしていくやつですね。

 

 

「動体視力」や「視野の広さ」を身に付けるのに最適との事です。

 

 

やってみると分かりますが、結構難しいのですよ。

意外と「先」が読めないのです。

 

 

これは練習すれば早く出来るようになります。

 

マグネット式なので、配置の自由変換が可能。

 

本音は、電光ランプで表示して、コンピューターで結果が出るやつが欲しいが・・・そんなお金がない・・・。

 

 

まあ、これはかなり重要なトレーニングです。

 

 

 

 

加えて追加したのが

 

「吊り輪」

です。

 

image

とりあえず、吊るしてみました。

 

 

まだ固定はしていない状態。

 

器械体操のトレーニング用なので「400kg」まで大丈夫らしい・・・ほんまか?

 

 

とりあえず、大丈夫かどうか検証。

 

image

まあ、自分がぶら下がっても、色々動いても大丈夫そうです。

 

上の部分をしっかり固定すれば完璧かな。

 

 

 

とりあえず、使用しない時は、外す事も出来ますが、ロープと共に横にやっとけば邪魔になりません。

 

 

この「吊り輪」に関しても色々出来そうですね。

 

 

 

 

 

近藤レスリング道場の「趣旨」は

「スポーツ万能」

になろう!というものです。

 

 

これは、子供でも大人でもです。

 

 

小さい頃からしている方が理想的ですが、基本的にいつがスタートラインでも良いと思います。

 

 

前のブログにはアップしていますが、一般的に身体の不自由などが無い限り、「運動が苦手」と言う言葉はあまり通用しません。

 

 

普通に考えて「やっていないだけ」の結論になります。

 

もちろん、「きついだ」、「面倒臭いだ」あるでしょうが、運動をやれば、ある一定レベルまでは「運動は万能」になれます。

 

 

一定レベルと言う「モノサシ」は人それぞれでしょうが、運動はやった分だけの見返りはあるはずです。

 

 

 

どれだけやっても、見返りが無いとやっている方は、おそらく「意識レベル」の差でしょうね。

 

 

簡単に言うと「楽」している。

 

 

そういう方々は、自分で出来るようになるまでは、◯イザップみたいな完全管理下の元でするしか無い場合もあります・・・。

 

 

 

 

まあ、◯イザップまで行かなくても、程々の管理下なら「一般の習い事」で良いと思います。

 

 

個人次第です。

 

 

スタートラインにいつ立つかは、あなた次第?

コメントを残す