変則バットマークトーナメントプログラム稼働(動画で説明)

今度の第10回三井ラビット杯に合わせて、トーナメントプログラムを作成しました。

 

基本的な機能として

「ジャッジペーパー印刷」

「トーナメント自動生成」

「トーナメント全体印刷」

「賞状印刷」

「賞状引換証印刷」

「領収証印刷」

「総合結果出力」

 

ジャッジペーパーは念のため、レスリング連盟のテンプレートに合わせて作成しております。

 

トーナメント自動生成に関しては、選手人数を入力すれば、その数のトーナメントが自動生成されるように組まれています。

2敗したら終了の方式なので、あまち人数が増えるといけませんが、基本的に何人で入力してもトーナメント表は自動生成します。

 

操作性を簡単にするために、ショートカットキーの利用で「ボタン」が押せるようになっていますので、操作性は簡単です。

初期の設定ですと「Ctrl」+「A」にしていますが、マクロから変更されてもかまいません。

 

 

操作性をシンプルにしておりますので、少人数で試合進行が可能になります。

 

データ共有などの設定をしてもらえれば、複数台数でも可能でしょうが、基本的には1台で十分、試合進行は可能かと思います。

基本操作だけしっかりしてもらえれば、操作は特にすることは大変シンプルです。

 

 

とりあえず、紹介動画をYouTubeにアップしてみましたので、ご閲覧くださいね。

動画の文字送りが早いところがあるので、申し訳ありません・・・・短時間で適当に作ったので・・・・。

ストップしながら見て下さいね。

 

スマホでは小さすぎて見えないかもですね・・・・PCかタブレットが妥当っす。

 

 

一応、データに関してはシェアウェアになりますので・・・・。

 

 

ジャッジペーパーなどを書き換えれば、他の種目にも使用は可能です。

まあ、なかなか「変則バットマーク」のトーナメントを使用しないかもしれませんが・・・・。

 

 

基本的には、せっかく遠くから来られているのに1試合だけですぐ負けて帰らせるのもかわいそうなので、3人以上に関しては、最低2試合以上組めるようになっています。

基本的には、敗者復活戦方式とも言えますが・・・・。

 

 

これは、レスリング特有なトーナメントなんでしょうかね・・・。

あまり見たことがないのですが・・・・。

 

ちびっ子レスリングの大会は結構、使用されているみたいですね。

 

 

トーナメントプログラムに関してのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」よりお願い致します。

コメントを残す