SEO対策の営業の電話に対しての対応法

試しに、近藤レスリング道場のHPを各ポータルサイトに登録すると案の定、色々と営業の電話がかかってきます。

 

色々、経験もある方もあるのではないでしょうか?

 

と言うより、当社もポータルサイトは運営しているので、うちのポータルサイトを経由して営業の電話する事業さんもおるようで・・・クライアント様にはえらい迷惑申し訳ないです。

 

ここ最近は「050」の営業番号が多いので、ネットで番号を調べてもあまりでないですね。

 

では、撃退に関してあげてみましょう。

 

まず、対応その1

会社名を聞きましょう。

それからだったら、SEOのなんたらを言う位の会社やからHP位は持っているかと思います。

 

大半、行ってくる内容で

「検索エンジン」を上位にあげます!

 

って、言ってきますね。

 

ただ、大半話を聞くと、複数のキーワードを介して検索エンジンの上位に上げますというもの。

 

内容的には3つ位キーワードを選ぶらしい。

 

 

と言うか、ウマシカですか?

 

3つもキーワードを介して、検索エンジンにかからないようなホームページはありえんでしょ?

 

「必ず上げてみせます!」

 

なんて、言っているが、そんなのブログを10個位まともなのを書けば大半かかるやろ?

 

 

では、対応その2

検索キーワードに、有名ワードと期限を言う事。

 

有名ワードの例

・アマゾン

・グーグル

・らくてん

とかで良いんじゃないですかね。

 

このワードを1番に持ってこれる技術を持っているなら検討します!で良いと思います。

 

しかし、これを言うと

「現在のホームページと関係なくないですか?」

とか、言われるのが定番。

 

その場合は

「検索キーワードとしては重要です」

で良いと思います。

 

ウマシカな事業さんは、単発キーワードはあげる事は出来ませんなどと、言ってくるのパターンもあります。

 

単発キーワードで上げれないって?SEO対策を仕事にしている会社で言ってはいけないでしょう?

 

複数のキーワードで検索なんて当たり前のようにかかって当たり前なんです。

 

 

ただ当たり前の事を、知らないお客様に対して一般的に難しい言葉らしきものを並べて営業するわけですね。

 

 

まあ、営業って、こういうものだって言うのは分からないでもないですが、各言う、ちょっと前のNTTの代理店の営業レベル。

 

この仕切りが難しいのでしょうね。

仕事って言うのは、こちらができないから、できる方に依頼するわけですね。

 

 

できる側にとっては、なんでもないような技術でも、できない人にとっては未知の領域。

 

 

これが商売の成り立ちですもんね。

 

ただ、「嘘」は言ってはいけない!

詐欺です。

 

 

対応その3

実際やっていなくても、ウチよりお金をかけずに検索エンジンを上位に上げる能力が御社にあるなら、その根拠を分かり易く言っていただければ、検討しますが・・・。

 

 

現在は、SEO対策はお金をかければある程度所まで持っていけます。

アマゾンやグーグルと言うキーワードは無理(ー ー;)

 

お金をかけないようにするにはある程度、規則に沿った地道な事をするに限ります。

検索エンジンの機能を理解すること・・・。

 

 

このHPもなぜオープン前に立ち上げているかはご理解出来るのではないかと思います。

 

オープンと同時にHPなんて立ち上げても遅いのです。(あるだけマシですけど・・・)

 

 

まあ、営業の電話大変お疲れ様です。

実績稼がないといけないですもんね。

分かります、大変ですもんね・・・。

重々分かるんで言いますが、ウチに営業をしても無駄です。

 

 

時間が勿体無いですよ。

心が折れると思うので、やめた方が良いですよ。

それでも、お電話したい方は、是非どうぞ。

電話の内容のクオリティが低い場合は、速攻ダメだしくらう上に晒されますよ。

 

 

ちなみに対応その4

「結構です」

以上

コメントを残す