「円馬(えんば)」を作ってみました。

道場の運動器具として、DIYしてみました。

 

 

 

前回の投稿に書いていた通り、普通に買うと十数万円と高額なので作る事に。

 

 

 

加えて、手作りで販売されている分でも送料など込んで25000〜30000円位する様なので、これは作るしかないでしょ。

 

 

まずは土台を作成します。

 

 

ウレタンチップを準備してカットしていきます。

img_6869

こんな感じに無駄なくカッティング!

img_6871 img_6872

合成革やバンド、タッカーやネジを準備。

img_6878 img_6879

下地にボンドを散らせます。

img_6880 img_6882

そして、ドーム上に積み重ねていきます。

img_6883 img_6885

そして合成革を引っ張りながらタッカーで打ち込んでいくとこんな感じで出来ます。

img_6887 img_6888

 

んで、ここからは「足場」作りです。

ここで円馬の高さを決めておく必要があります。

今回は「75cm」で作成します。

img_6895

しっかり締まるようにスクリューネジが固定化されていいでしょう。

img_6896

組み立ててみるとこんな感じに出来ます。

img_6899

ちょっと綺麗に見せるために、テープを巻いてみます。

img_6905

後は、マットの部分を接合します。

img_6906

後は、足場用に「ジョイントマット」をカットして貼り付けます。

img_6907

ボンドでしっかりと接着して出来上がり。

img_6908

んでもって、「円馬」の完成です。

img_6911 img_6912 img_6914

大人にはちょうどいい高さかもしれませんが、子供にはちょっとたかさが高いかも。

 

 

普通に跳び箱にもなるね。

 

 

さあ、「旋回」の練習をやってみないとですね。

 

 

高さの割には直径60cmあるから安定感はあるかな。

 

 

 

材料があるので、時間がある時にでも、高さの低いモデルも作ってみましょうかね。

 

 

見よう見まねで作って1回目にしてはよく出来ている方かな。

 

 

2機目は、もっと綺麗に出来るやろ。

 

 

とりあえず、もう一個作ろうかな。

足しの材料を買わんと作らんけど。

 

 

ネジ締めが結構大変で、手がマメだらけに・・・。

電動ドリルが欲しいな。

あったら物凄い楽に作れる。

 

 

 

と言うわけで、早速次のレッスンから「円馬」を使って運動をしてみましょうかね。

 

 

自分も練習しないと٩( ‘ω’ )و

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です