体力測定の実施は必要不可欠と考えます。

習い事をするなら、成長過程が「目に見えるもの」と言うものが、子供たちもご父兄達も必要かと思います。

 

どれ位の周期でするかは未定ですが、予定では3ヶ月周期辺りを検討しています。

種目などは基本的な内容を致しますが、状況によって、内容の変更を検討します。

 

後は「データ化」し、長期に渡り成長過程がみられるようになるといいのではないかと考えます。

tairyokusindan

測定用のサンプルを作ってみました。

かなり一般的ですが・・・・。

 

このご時世、比較されるのが嫌な方もおられるでしょうが、こういったもので、どういった所を伸ばせが良いか、判断がし易いのです。

 

加えて、スポーツをする上で比較対象は必要です。

「できる」、「できない」の差は出て当然です。

 

できないから、「する」わけであります。

 

根本的に言うと「できない」のは「やらない」からと取られてもおかしくありません。

やれば、一般的にある一定レベルの「スポーツ万能レベル」まではいけます。

 

日本のトップや世界のトップなどと言うレベルになると、それ以上の努力が要求されるでしょうが・・・。

 

さらに「レスリング」と言うスポーツは言うまでもなく「格闘技」なわけで、対戦相手がいるスポーツであるから「比較対象」は当たり前なのです。

 

体力測定は、是非、楽しんで参加し自分を把握するという意味で大変重要事項と考えます。

 

できない子達に関しては、「どうしたらできるようになるか?」などこちら側でもしっかり検討し対応したします。

 

できる子に関しては、「どうしたらさらに伸びるか?」をしっかり検討し対応いたします。

 

 

ちなみに近藤レスリング道場は「ちびっ子」だけではないので、大人の方の参加も期待しております。

 

大人でもしっかり、体力・筋力面の向上は十分可能です。

これを機会にご検討下さい。

まもなく、オープン間近です!

コメントを残す