第10回三井ラビット杯少年少女レスリング選手権大会に参加

はい、去年に続いて2年目の参加となります。

 

 

今回は試合開催の裏方をしていたので、コーチがセコンドに立ってくれて助かりました(*´Д`*)

 

 

 

子供達もそれぞれ、大変頑張りました(๑>◡<๑)

 

 

 

優勝が1人、2位が4人、3位が1人でした。

前回の試合に比べると、ちょっとな結果ではありますが、それぞれが一生懸命頑張った結果と思います。

 

 

 

「試合は最大の練習」とも言いますが、1試合ずつで、経験と学びが付いてきます。

 

 

勝ち負けがはっきりと出るスポーツである分、格闘技な上、子供達にはシビアですが、普通では中々味わえない経験です。

 

 

基本的には「勝つ人」はそれだけ努力と経験を積んでいると思います。

 

レスリングは個人感では、才能スポーツではなく努力スポーツだと思います。

 

 

だからこそ、誰にでも成功できるチャンスがあるのが「レスリング」だと思います。

 

 

 

試合を経て、また、次回へと繋がるための指導に更に熱を入れていこうと思います。

 

 

 

レスリングは、自分でするのも奥が深いですが、指導に関しても奥が深い(๑>◡<๑)

 

 

子供達のこれからの活躍が楽しみであります。

 

大会結果【個人の部】はこちらです。

コメントを残す