450cmのエアーマットって、DIYでいくらで作れるやろぉ〜

「エアーマット」って、5m物になるとなんと、20〜30万円位します。

 

 

とても手が出せません。

 

 

ので、DIYと考えるのですが、かなり難敵(-。-;

 

 

 

材料探しと製図まではいけるのだが、空気を入れると問題は風船みたいに膨らんでしまう事。

 

製図はこんな感じ。 image

 

市販のエアーマットマットみたいに中身に伸びないようにする仕様を施さないといけない。

 

 

 

ここがハードルが高い。

と言うか面倒臭い。

 

 

 

因みに、防火マット(ポリエステル)の3.6m×5.4mで3,373円。

image

 

 

ポリエステル対応超強力ボンド1,580円×3本。
(たぶん、3本くらいあれば足りるだろうと)

 

 

空気を入れる部分を追加(ゴムボートの一部)

 

 

なんと、約8,000円で出来てしまう。

ちょっと残りのを足しても10,000円以内。

 

 

恐るべし、DIY。

 

 

製図通りすれば幅130cm、高さ30cm、長さ450cmの巨大エアーマットが出来る。

 

 

後は手作りで中に膨らまないような仕様をしないといけない。

 

 

紐を中に張っていくのも難しい( ̄^ ̄)ゞ

 

 

まあ、張らんと風船みたいになりますもんね。

 

 

余った材料で中に地道に貼って行くしかないのか・・・もう少し考えようかな。

 

 

まあ、レスリングのマットがあるので、エアーマットが必要なのかと言うツッコミが入りそうですが、体操教室としても連動したいですからね、マット運動の楽しさも知ってほしいからですね。

 

 

 

ただ、これは吟味中(-。-;

 

 

と言うか、この道場は縦長やから2枚必要か・・・。

合わせて9mのエアーマットは贅沢ですな。

 

 

中に「ウレタン」を入れて「エバーマット」にすると言う手もありますが、ウレタンが結構高い・・・。

 

 

エバーマットなら確実に作れるが・・・ウレタンの代わりに安い材質があれば探してみようかな。

 

 

ただ、エバーマットを作ったら置いておくのに邪魔なんですよね。

 

 

やはり「エアー」か・・・。

 

 

雑記でした・・・。

コメントを残す