シックスパット2を検証してみた。ジェルパットなしでの効果は?(sixpad2)

Sixpad2ですが、検証してみました。

 

何を検証したか?

 

ジェルパットなしでどれくらい効果があるかです。

 

 

まず、シックスパッドに関してですが、

筋肉を効率的に
トレーニングできる周波数は、20Hz。
世界的な運動医科学の権威が実証しました。

運動医科学界を牽引する森谷敏夫氏は、EMSのトレーニング効果について40年以上研究を行っています。世の中に存在するEMS機器には、あらゆる周波数が設定されていますが、森谷氏は筋肉が発達するメカニズムに着目し、筋肉を効率的にトレーニングできる周波数は、20Hzであることを見出しました。現在、その論文は世界各国の研究者の注目を集めています。

 

ということですね。

 

EMSの商品って色々ありますね。

安いのから高いのまで。

安い商品の多い難点ポイントとして「ボタン電池」の使用がされていること。

 

ボタン電池はほとんど持ちません。

ランニングコストが高くなるうえに続かなくなります。

Sixpadの前のモデルがボタン電池でしたね。

先駆けのメーカーだから、仕方ないとはいえ、このリスクは負わないといけませんもんね。

基本的にEMSのトレーニング器具にボタン電池のものは、どんなに安くてもお勧めいたしません。

 

 

かといって、充電式と言えど、品質の差がやはり出るようです。

 

EMSトレーニングと銘打っていますが、昔からある「低周波治療器」を筋肉の箇所に貼っているだけに近いですよね。

 

普通に考えると「矛盾」が生じます。

低周波治療器は、筋肉をほぐして、治療するものなのですが、EMSは筋肉に負荷をかけて疲れさせるものです。

周波数の違いで説明は付かないでもないですが、基本時には同じ・・・・。

 

ただ、Sixpadは独自に周波数を定め、トレーニングに適した周波数にしているようで、効果は大変良いようです。

スマホで電源管理ができるのもなかなかお勧め所です。

 

 

ただ、ここで問題なのは、トレーニングは続けて初めてモノになっていきます。

ここでの問題は「消耗品」である「ジェルパット」ですね。

どう長く持っても1ヶ月持てばいい方らしいです。

 

 

さらに、純正を買うと結構ランニングコストとしてかかります。

打倒的には、互換性商品を利用すれば4分の1以下で済むと思います。

 

 

ただ、4分の1すらかけたくない場合は「付けない」という手も考えられます。

 

 

んで、検証してみました。

 

 

シックスパットに関しては、ジェルパットの粘着性がなくても、専用のベルトが付いておりますので、粘着性は必要ありません。

 

 

 

早速使用してみると、ジェルパットが付いている時より、通電性が多少違うのは分りますが、筋肉への刺激は与えることは間違いない動作をしてくれます。

ある程度、少し強めにすると良いと思います。

 

もう少し、痛くなるかと思っていたのですが、直で貼っても電気による痛さはジェルパットの時とさして変わりない位の痛さです。

 

 

加えて、効果に対する検証。

日ごろ鍛えている人にとって、あまりこういった商品は、効果がないものと思っていましたが、想定以上に良いものだと実感させてもらいましたね。

 

よく売れる理由が分らんでもないです。

確かに、筋肉への刺激が良くできています。

 

 

これは、続ければ「効果」は出ると思います。

何事も続けることが重要でしょうが、どうしてもランニングコストが気になります。

もちろん、ジェルパットがある方が、通電性が良いことは間違いありませんが、無くても普通並みに使えることが分かりました。

 

これやったら買っても良いかな、思うかもしれませんね。

何といってもランニングコストがかかり過ぎる・・・・互換性商品を使用してもかかることはかかりますからね・・・・。

 

ただ、商品推奨は、ジェルパットを付けた方が効果があるというのは、間違いないと思います。

これに関しては、個人の判断にてご検討ください。

個人的にはなしで良いかな・・・・と。

 

 

一般のスポーツ店などで買われるより、やはりネットの方がお得ではないかと思います。

 

 

寝ながらトレーニングができるという「代名詞」も納得の商品ですね。

トレーニングジムに通う金額をこういったモノに投資するもの間違いでもありません。

 

 

まずは、続けれる事からですからね・・・・。

 

 

それ以上の、実践的なトレーニングをしたい方は、本道場に体験に来てくださいね。

まずは、身体を変えるという意識の高さを持つことが重要ではないかと思います。

 

 

そのきかっけは何でもいいんじゃないでしょうか?

 

EMSのトレーニング器具は、安いのもありますが、それ相応にしっかりしたものを買う方が無難と思います。

効果のないものを買っても失望するだけなら、それ相応にしっかりしたものを買う方が良いと思います。

 

 

お金の投資に関しては、自分に対してのプレッシャーにもなりますので、あまり安物の器具を買うといつ辞めても良いという安易な考えが出るでしょうから、そこは意識の向上としてしっかりやっていきましょう。

 

ただ、一番いいのは、自分自身でトレーニングをすることですよ。

あくまでこういった商品は、身体を変えるための「きっかけ」には大変良いと思います。

 

キッカケから、個人の意識改革に努めて下さい。

身体を鍛えることは大変良いことです。

 

身体の健康を保つためにも適度な運動はする習慣は付けていきましょう。

 

 

ただ、始めは、こういった器具に頼るのも決して悪いことではありません。

まずはスタートラインに立ってくださいね。

 

 

EMS器具だけで、全身ムキムキになれるとは思いませんが、トレーニングに対する意識拡大になると思います。

夏に向けて頑張りたい方は、お勧めです。

夏に向けなくても良いですが、しっかりとした身体つくりは大変いいことだと思います。

類似品の安物は変に買わないことをお勧めします。たぶん、続かない・・・・。

 






コメントを残す