「エアートランポリン」でバク転やマット運動の練習

近藤レスリング道場は、総合運動教室と謳っていますので、レスリング以外も色々運動を実施します。

 

 

 

今日は、準備体操、補強練習だけいつも通りして、後は「エアートランポリン」「エアーロール」を使用して、マット運動の練習をします。

 

 

 

横幅3m、縦幅10mのかなり巨大なエアートランポリンですので2列でマット運動が実施が可能です。

 

 

 

 

飛んで跳ねるだけでも、良い運動にはなりますが、跳ねる系が楽しく出来ます。

 

 

エアートランポリンは、空気が送りっ放しなので、弾力性もあり、小さな子供でも安全性が高く練習が出来ます。

 

 

 

バク転などは「エアーロール」を使用して、何回も反復練習をします。

 

 

 

慣れてくれば、エアーロールを外して「補助」に切り替えて練習していきます。

 

 

じわりじわり補助を緩めていき、慣れて来たら一人でやっていきます。

 

 

 

 

それでも、後ろに飛ぶのが怖い場合はエバーマットを敷いてから実施。

 

 

 

これも何回もして、反復練習をします。

 

 

 

器械体操は、俊敏性などレスリングに必要な能力の向上があります。

 

 

 

総合運動教室としては、マット運動は最重要運動であります。

 

 

 

何より、沢山の達成感を味わう事が出来るので子供達の自律性を上げるには大変良いと思います。

 

 

 

 

「バク転」「宙返り」が出来るんだ!って自信が付くのは大変良い事です。

 

 

 

近藤レスリング道場のモットーは「出来ない事が出来るようになろう」を筆頭にあげています。

 

 

 

無料体験エントリーの際に備考欄に「エアートランポリン」がされたい方は記載下さい。

試合前でない限りは、対応は可能です。

 

 

 

因みに体操教室の方は、こんな練習が大半です。

まずは、体験してみましょう。

 

 

 

大人も子供もご参加が可能です。

 

 

 

まずは無料体験レッスンのエントリーからお願い致します。

 

 

エアートランポリンなどの運動器具もこちらのサイトで販売していますので、検討されている方は、体験されても良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です