エアートランポリンにダイゴナルエアートランポリンを連結

今日はサブシディエアートランポリンからエアートランポリンの後方部にダイゴナルエアートランポリンを繋げてみました。

サブシディエアートランポリンでバク転の練習をして、エアートランポリンにて、ロンダードからの練習をして、ダイゴナルエアートランポリンでバク転→バク宙などの練習。

もちろん、まだ難しい子達は、ダイゴナルエアートランポリンは後転系の練習をします。

※写真はレッスン開始前です。

ダイゴナルエアートランポリンは、言うまでもなく斜めになっているので、そのままの勢いで回転系をこなす事が出来ます。

密封型なので、マット面は硬く感じますが、きちんと補助を入れてやっていきます。

この連結コースは中々、良い練習スタイルではないかと思います。

もう少し組み合わせを色々考案してみようかと思います。