トランポリンで敏捷性アップ!体力アップ!筋力アップ!

トランポリンの練習は楽しいですが、普通にレスリングの練習よりきついかもしれません。

 

 

楽しいが上回るから、やれますが、基本的に練習が終わった後は、足腰ガクガクです。

 

 

うちの子たちもまだまだ足腰が弱いのでこういった練習は、もっとやっていかないといけないですね。

 

 

 

運動に関しては、レスリングばかりやっていればいいというわけではないので、マンネリ化を防ぐためでもありますが、色々な運動をやっていきます。

 

 

基本的に「総合運動能力」を高めるためですね。

 

 

3分間のローテーションの運動にはなりますが、かなりハードです。

 

 

動きに関して、止まらないというのが前提で「宙返り系」を入れながらひたすら動くという練習ですね。

 

 

やってみればわかりますが、現役生の人がしても普通にきつい内容の練習かと思います。

特に連続した動きに関しては、どのスポーツに必要な能力として、敏捷性の向上するために、次から次への動きへの対応能力を高めるには、トランポリンは最高の運動器具なのです。

 

 

子どもたちの足りない部分を少しずつ補填しながら「運動万能」を目指してしっかり指導をしていきます。

コメントを残す