大型長方形トランポリンを導入(販売も開始)

長い間、手配に苦労した長方形型のトランポリンを導入しました。

円形のモデルはよく流通しているのですが、長方形・四角形のトランポリンは中々流通しておりません。

円形はこんなの↓

流通していないというのは偏見なので、低価格帯で流通が中々流通していません。

中々というより、現状していないと言った方が正しい。

高額なユーロトランポリン(競技用)までは必要ありませんが、一般の長方形のトランポリンも普通に高額なモデルしか出回っていません。

日本で購入となるとamazonあたりに出ていますが、結構高額です。

wishやAli expressなどは円形しか出ていません。

ヤフオクなども出品されたのは見た事がほとんどありません。

普通に海外から手配すればという考えもありますが、おそらく「ある事」で止まってしまいます。

「ある事」で「壁」に当たります。

コストをかければ全く問題なく入れる事は出来ますが、それでは全く意味がありません。

色々時間はかかりましたが、ようやく、色々調べて色々やって手配に成功しました(^ ^)

とりあえず、販売前に道場に導入してみました。

今回は、大型サイズの15ft×10ft(約5m×3m)を入れてみました。

サイズとしては

6ft×9ft、7ft×10ft、8ft×12ft、8ft×14ft、10ft×15ft(1ftが約3.3cm)

が手配可能です。

近日中に販売展開を開始致します。

ヤフオクなども多分出します。

まあ、ヤフオクより道場の直サイトの方が手数料の都合上安いです。

というわけでトランポリンは箱が6個口で来ました(今回は保護ネットはあるんですけど付けません)

とりあえず、開封してます。

同じ種類で分別してみましょう。

全体の部品を見てましょう。

設置位置に並べてみます。

ネックは取説がないという毎度の事の致命的な事が・・・。

中途半端にパズルより頭使います。

結構大変(*´ω`*)

位置を確認したら、番号か何か貼って目印を付けとかんと、次回同じ大変さを味わう・・・。

位置配置さえ確立すれば、そんなに難儀な事はないと思ったのですが、ストッパーのボルト止めの穴の位置の調整に結構苦労します。

なんとか組み上がって来たら、後はスプリングを付けていきます。

後はシートを張って完成です(^ ^)

取説なしは結構苦労するばい(*´Д`*)

一回作ってしまえば大丈夫やけど。

というかシートはブルーで注文したのにグリーンが来た・・・別に良いけど・・・。

さすが、10ft×15ftのモデル。

で、でかい・・・。

写真で大きさが伝わるか微妙ですが15㎡ありますからね・・・。

部屋の広さで言えば7畳半の広さのトランポリンなのです。

円形でなく長方形と無駄のない広さのトランポリン。

言うことないっす(*´∀`*)

作るのが大変やったことくらいっす。

んで、早速跳んでみました。

今持っている大型トランポリンのスプリングより大きいタイプのスプリングが付いていたので跳ね具合が心なしか良い感じがします。

と言うか、デカっ!広っ!スゲェ!

今まであった円形トランポリンのモデルより足の高さが低いお陰で、ちょこっと高さに余裕がある。

加減なしに跳んだら天井にぶつかってしまうからですね、体育館とかで出してみたいですな。

ただ体操教室では、準備と片付けの都合上、時間的に不可能なので、トランポリンに関してはレスリング教室のみになりますね。

子供達に関してはこのトランポリンがあればバク転や宙返りが覚えるのが速そうですな。

いやぁ〜四角形ってだけでかなり良いですばい。

円形は面積上損した感じです。

折角設置したので、明日のレスリング教室から活用していきます。

今、体験にエントリーされた方は、体験可能です。

無料体験エントリーやトランポリン販売展開に関してのお問い合わせは専用のフォームからエントリーした下さい。

「なんでもできる道場」の代名詞が更に磨きがかかって来ます。

運動を楽しまないと、意味がありません。

レスリングもその一環です。

運動万能を目指していきましょう!